ジュニアアスリート

ジュニアアスリート

子どもの笑顔がみたい!パパとママのためのスポーツトレーナーの知識

2019/1/18  

  こんにちは。 レエール スポーツコンディショニングラボ代表の廣谷です。 2018年春には、ジュニアアスリートの保護者を対象とした『パパ&ママトレーナーズクラブ』を発足しようと考えておりま ...

ジュニアアスリート

ジュニアアスリートの保護者として体、怪我の知識を学びたいと思いませんか?

2018/3/1  

こんにちは。 レエール スポーツコンディショニング ラボ代表の廣谷です。 当ラボに併設の『レエール スポーツコンディショニングトレーナーズ スクール』では、スポーツトレーナーの育成を行ってきましたが、 ...

no image

ジュニアアスリート

ジュニアアスリートも足から鍛えてパフォーマンスアップ!

2016/11/2  

現代、大人だけではなく、子どもの偏平足や外反母趾、スポーツ障害と言った足の健康が問題になっているそうです。 文部科学省では、1980年頃の小学5年生の1日の歩数は23000歩であったのに対し、20年後 ...

no image

ジュニアアスリート

ジュニアアスリートに多い不良姿勢とは?

2017/12/25  

こんにちは。 レエールスポーツコンディショニングラボ代表の廣谷です。 最近、子どものご飯を食べている姿勢、座ってテレビを観ている姿勢、歩き方などの姿勢を見て、ついつい口を出したくなる保護者が増えていま ...

no image

ジュニアアスリート

子供の股関節を柔らかくする!!

2016/9/24  

最近は関節が硬い(特に股関節)という子どもが増えてきているようで、深刻な問題になっています。 関節が硬いと次のような危険性があります。 転びそうになった時そのまま身体のバランスが取れなくなり思いきり転 ...

no image

ジュニアアスリート

ジュニア期に多いスポーツ障害と、その予防の目的とは?

2018/3/8  

こんにちは。 レエールスポーツコンディショニングラボ(横浜市青葉区)代表の廣谷です。 長年、トップアスリートをサポートしてきましたが、 ここ10数年は、学生アスリート、 特に現在は小中学生アスリートを ...

no image

ジュニアアスリート

不良姿勢からくるスポーツ障害

2016/3/4  

長年、小中学生アスリートを中心にサポートしていますが、 ほとんどの子どもが不良姿勢です。 まずはここを修正するだけでもパフォーマンスは上がるはずです。   スポーツ障害とはどういう痛みか? ...

no image

ジュニアアスリート

子供(ジュニア)に必要な体幹トレーニング

2016/12/23  

今、アスリートやスポーツ愛好家に色々と話題になっているのが『体幹トレーニング』 長年、ジュニアアスリートをサポートしていますが、 特にジュニア(小学4~5年生ぐらい)からしっかりと体幹部を鍛える必要が ...

no image

ジュニアアスリート

小学生に必要なトレーニングとは?

2016/11/5  

「小学生にはトレーニングは必要なのか?」 保護者の方からいただくご質問です。 答えは・・・Yes! 「どんなトレーニングをすれば良いのでしょうか?」 次にいただくご質問です。 答えは・・・学年やレベル ...

no image

ジュニアアスリート

ジュニアからトレーナーが必要な理由

2016/6/16  

長年、小中学生のジュニアからアスリートをサポートしてきましたが、 まだまだトレーナーを必要だと感じているアスリートや保護者、コーチ・指導者は多く、 自分でトレーニングメニューを組んだり、自分で身体の事 ...

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.