ジュニアアスリート

サッカー少年、今の練習で満足? 上を目指すために親ができること

練習量が増えると怪我のリスクも高まる!

あなたのお子さん、こんな悩みありませんか? 

 

  • こんなに毎日疲れ果てるまで、
    練習していて大丈夫かしら? 
  • 足の痛みがあるようだけど、練習を休まない 
  • こんなに練習しているのに上達しているのかしら?

 

サッカーには持久力は欠かせません。 

 

しかし、毎日、帰宅後は何もできなくなるほど練習をし、
さらに 、レギュラーの座を奪われたくないから
足に痛みがあっても我慢し、
練習をしていませんか? 

 

とても危険なことです。 

 

過度の練習量による筋肉疲労、柔軟性の低下、
一つの競技をすることにより、
偏った身体の使い方による不良姿勢などが原因で
あなたのお子さんに怪我のリスクが近づいていますよ!

  

成長期のお子さんは
急激な骨の成長に筋肉の柔軟性が追い付かず
ジュニア期特有の障害である「オスグッド病」。
踵に過度のストレスが繰り返しかかることで、
踵を形成する踵骨部に痛みが生じる「セーバー病」
などがジュニア期に起こしやすいスポーツ障害です。

 

 

では、練習量で満足するのではなく
より上を目指すにはどうすればよいのでしょうか? 

 

 

ゴールデンエイジがチャンス!!運動能力伸ばそう 

ゴールデンエイジとは8~13歳ぐらいの時期が
一番、 運動の能力が伸びると言われています。

 

アメリカの医学者・人類学者のスキャモンが発表した
『発達発育曲線』によると、
人の成長を一般型・神経型・生殖型・リンパ型に分け、
どのような成長をするのかグラフにまとめたものです。 

 

その曲線によると、
神経型が4歳ごろから一気に伸びはじめ、
12、13歳頃で成人と同じぐらいまで成長をするのです。 

このゴールデンエイジ期に神経系のトレーニングを取り組むことで
運動能力、競技力を高めることができるのです。 

 

この時期は見よう見まねでコツをつかみ、
初めてチャレンジする動きでも、すぐに習得できることがあります。

 

あなたのお子さんが
上を目指したい!
上達したい!
思いがあるなら、
こんな伸び盛りの時期に効果的なトレーニングを
普段の練習にプラスして取り組みましょう!

 

 

ここで、ゴールデンエイジ期に
より効果的なトレーニングを紹介します。 

 

「ビジョントレーニング(眼のトレーニング)」
眼から得た情報を脳へ伝達し、
脳から体へと指令を送り体を動かします。 

ビジョントレーニングをすることで、
無意識に、正しく、素早く、
体を動かすことができるようになる効果が期待できます。 

 

サッカーならば
広い視野を持てるようになることと、
相手の動きを判断できるようなることで、
どこにパスを出すか、ドリブルするのか、
瞬時に判断する能力を向上さます

  

そのことから、このゴールデンエイジ期に神経系の
トレーニングを取り組むことで
運動能力、競技力を高めることができるのです。

 

成長期こそメンテナンスが必要!!

成長に伴い、特有のスポーツ障害があることは
ご理解いただけたと思います。 

 

しかし、痛みがある時 このようなことはないでしょうか?

  • 湿布を貼ったら治るだろう 
  • 成長期は脚は痛くなるものだ
  • 我慢すればいつか治るだろう 
  • 練習を少し休めばよくなるだろ

 

このような指導者や親の考えのでは
子供は非常に危険な状態です。
症状を悪化させ、骨の変形に伴い、
競技寿命が短くなったり
選手生命を脅かすこともあるのです。 

 

では、どうすればいいのでしょうか? 

 

スポーツ障害は予防できるのです。 

 

プロアスリートはメンテナンスを
していることはご存知ですよね。 

 

ジュニアアスリートもレベルが違っていても、
同じスポーツ選手です。 

 

定期的にメンテナンスをすることで
身体をニュートラス状態に戻し
筋肉の柔軟性を高め
関節の可動域を広げる。 

 

ここで感じていただけたのではないでしょうか。 

 

メンテナンスは
怪我の予防だけでなく
パフォーマンスアップの効果
もあります。

もし、今、痛みを我慢して練習をしている、
練習を休んでいるなら
安静だけでは改善されません。
メンテナンスで痛みの原因となっている筋肉を弛め
関節の調整をし、痛みを和らげることで
思いっきり練習に取り組むことができます。

 

さらに、定期的にメンテナンスすることで
たとえ怪我をしても早期回復が期待できます。

 

 

まとめ

  • 部活やクラブの練習量だけでレベルを上げるには限界があり、
    スポーツ障害のリスクも高まります。
    ゴールデンエイジの今こそ、運動能力を高めるチャンス!
    神経系のトレーニングをプラスすることで
    競技レベルの上達が期待できます。
  • 成長に伴い身体のバランスが崩れやすい状態です。
    定期的にメンテナンスを取り入れることで
    怪我の予防、さらにパフォーマンスアップ効果があります。 

 

お子さんの練習に限界を感じているあなた。
上を目指し頑張るお子さんために何かサポートしてあげたいあなた。
まずは正しい知識を受け入れ行動してください。

 

コンディショニング塾では
あなたのお子さんのカラダとココロをトータルサポートし、
トップジュニアアスリートになるお手伝いをさせていただきます。
パーソナルトレーナー、スポーツ整体師、メンタルトレーナーの集団が
お待ちしております。 

 

是非、コンディショニング塾を体験し実感してみて下さい。

子供のことで
お困りのことがあればこちらまで

 

 

レエール スポーツコンディショニングラボ

電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.