ジュニアアスリート

小学生、中学生のアスリートに必要なトレーニングとは?

今回は小学生、中学生アスリートの保護者に
小中学生からトレーニングが必要です!というと
小学生からトレーニングをするのは早いのでは?と思われたり、
トレーニングをすると背が伸びないのでは?
と思われたりします。

 

我々は、
第2次成長期が始まる
小学高学年生から、中学生の時期には
トレーニングをする必要があるとお伝えをしてます。

 

ただ、トレーニング目的には色々とあります。

 

今回はその中でも
「ジュニアアスリートの
ケガの予防のためのトレーニング」
についてお話したいと思います。

 

 

あなたに質問です。

 

『お子さんがケガをしないように
何か対策されていることはありますか?』

 

 

「ん~~まだ子どもだし、対策なんて」と考えられる方。

 

 

「自分の行きつけの整体に通わせるのも
大人と同じ金額でもったいない感じもする。」
と考えられる方。

 

 

知り合いのお子さんが成長痛
で悩んでいるという話を聞いて
自分の子どももそろそろなるのでは?
と心配しつつも
「何ができるんだう?」と考えられている方

 

 

いろんなお考えの方が
いらっしゃるのかもしれませんね。

 

 

私もトランポリン競技を小学1年生から
大学までの16年間行ってきました。

 

 

ジュニアの頃は体が小さく一見、
成長痛とは無縁なようにみえても
一丁前に子どものころから
いろいろな痛みがありました(^^;)

 

 

  • くるぶしが痛い
  • 踵が痛い
  • 膝が痛い
  • 腰が痛い

 

 

などなど慢性的な痛みに成長痛に悩まされて
思うように練習ができない状態が何年もつづきました。

 

 

 

当時は
痛みが出たあとに
知り合いにおすすめの治療院を紹介してもらったり、
整形外科で診てもらったりしていましたが

 

 

先生からは
「練習のし過ぎだね~」
「成長痛だね~」
と言われるぐらいで

 

 

なぜ、その痛みが出ているのか?
痛みを解決する手段は何か?
までは教えてもらえませんでした。

 

 

診断してくれる病院はたくさんあるのに
痛みが出る前に教えてくれたり、
原因を取り除いてくれるところ
ってなかなかありませんよね?

 

 

でも、
横浜市青葉区のたまプラーザにあるんですよ~♬

 

 

レエールがジュニアアスリートのために行っている
サポートをいくつか紹介させていただきますね(^^)

 

1、パーソナルトレーニングによるサポート!!

ケガの原因はそれぞれです。
姿勢分析でお子さんの弱点を見つけ、
ケガをしにくいカラダを作ることができます。

 

 

 

2、ケガ予防のためのケアができる!!

 

痛みでパフォーマンスに支障がではじめる前に
ケアすることが大切です。

実は、シーバー病、オスグッド病はケアすること
で防ぐことができます!

私も子どもの頃に知りたかった~~(;;)

 

 

3、プロの指導でお子さんのやる気スイッチを入れる!!

 

筋トレってこれをやりなさい!
と大人が強制してあたえるだけでは
お子さんのやる気スイッチを
押すことはできませんよね。

 

やる気スイッチのコツは
お子さんが「上手くなるにはこれが必要なんだ」と理解し、
お子さんが自分で選択して決められる環境をつくることです。

 

 

お子さんが本気で競技と向き合うための道しるべを
私たちと協力して作っていきませんか?

 

 

4、スタッフの知識の幅が広い!!

 

 パーソナルトレーニングも施術もできるスタッフが
お子さんをサポートします。

カラダの使い方から痛みのことまで
1人のスタッフに相談できて
すぐに解決できるってとっても安心ですよね。

 

 

 

お子さんにとって必要なことは

 

 

痛み耐えて練習させるのではなくて
痛みを取りのぞいてたり、
ケガをしないカラダを作って
練習に集中させてあげることではないでしょうか?

 

レエールのパーソナルトレーニングの詳細はこちら

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2019 All Rights Reserved.