ジュニアアスリート

中学生の膝痛を甘く見ないで! 『ジャンパー膝』の原因と3つの対処法とは?

部活をがんばる中学生に多い「膝」の痛み。

 

ぶつかったり転んだりしていないのに
膝が痛むのはどうして?
治すためには、練習を休ませるしかないのか?
大会まで痛みに耐えるしかないのか?

 

熱心なチーム、一生懸命な選手であるほど
スポーツ障害とは隣りあわせ。

 

今回は、子どもに多いスポーツ障害の1つ
『ジャンパー膝』についてお話します。

 

ジャンパー膝って?


ジャンパー膝とは、
ジャンプと着地の動作を繰り返し行ない
膝に負担をかけすぎてしまうことで起こる
スポーツ障害をいいます。

 

バスケットやバレーボールのように
ジャンプの多いスポーツをしている子が
発症しやすいです。

 

また、長時間のランニングや
サッカーでのシュートなど
膝への衝撃が強い運動を続けることで
同じ症状になることもあります。

 

痛みの原因は?

原因① オーバーワーク

膝を使いすぎて疲労が蓄積すると
膝のお皿と脚の筋肉をつないでいる腱が
炎症したり、切れてしまったりします。
(下図のの部分)

ジャンプや着地の時、ダッシュ時に
膝のお皿のあたりに痛みがでます。

原因② 成長期

子どもが成長期を迎えるとき、
まずは骨が成長します。

 

筋肉の成長は骨よりも後。
成長期では、骨が長くなるにつれて
安静状態でも筋肉が伸ばされている
状態になります。
そのため関節がスムーズに動かなくなり、
筋肉や腱を傷めるリスクが高くなります。

膝を曲げた時、太ももの筋肉が硬いと
腱が強く引っぱられてしまいます。
上の図のの腱を傷めるだけでなく
膝のお皿が割れてしまうこともあります。

 

※『オスグッド』との違い※
ジャンパー膝と同じく、オスグッドも
子どもの膝痛として有名です。
オスグッドは、膝のお皿よりも下。
膝とスネの骨をつなぐ腱の炎症です。
成長期のお子さまが「膝の下が痛い!」と
言っていたら、オスグッドを疑います。

 

ジャンパー膝の対処は?


1、アイシング&安静

運動後は、アイシングをします。
痛みが強いうちは
無理にストレッチ等をせずに
安静にします。

 

2、硬くなった筋肉をほぐす

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)
うしろの筋肉(ハムストリングス)
硬くならないように
もみほぐしてあげると良いです。
痛みがおさまっていればストレッチも◎。

 

3、自分のカラダを知る→予防する

その子によって成長の具合は違いますし
それぞれ動作時のクセもあります。

 

お子さんの姿勢やカラダの使い方、
静止しているときや動作時の
膝の「向き」を知ることも大切です。

( 例 )
膝が内側に入りやすい子
膝の外側の靭帯を傷めやすく、
 前十字靭帯の損傷につながることも。

膝が外に開いている(X脚ぎみの)
足首を外側にひねりやすい

というように
お子さまのカラダを知ることで
ケガの予防をはかることもできます。

 

とはいえ、この1~3の対処を
すべてお家で行うのは大変ですよね。
もしも不安であれば、
専門のトレーナーと共に対処することを
おすすめします。

 

スポーツコンディショニングラボでは、
お子さま一人ひとりのカラダに向き合い
痛みのケアと予防のためのトレーニングの
両方を提供します。

 

実際に痛みに悩まされているお子さま、
対処に不安のある保護者の方は
よろしければ当ラボへご連絡ください(^^)

レエール スポーツコンディショニングラボ

https://www.l-aire.biz/

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.