ジュニアアスリート

一歩目で差をつける!ジュニアテニス、勝利を引きよせるトレーニング

頑張っているお子さんの試合を応援していて、
こんなことを感じませんか? 

 

  • 一歩目の反応が良くなれば、勝てるのでは?
  • 足は遅くないのに、反射神経が悪いの?
  • サーブの変化に対応できたらなぁ・・・
  • 練習では速いサーブを返せるのに試合になるとガチガチ
  • 同じレベルの相手に、どうして試合に勝てないの? 

 

このような悩みをクリアするために
ステップやフットワーク、リターンなど
基本となる練習を繰り返せば
ある程度のレベルまでは上達するでしょう。

 

しかし、
さらに上のレベルで勝つには
限界があると感じていませんか?

 

「一歩目の反応レベルを上げる」には
2つポイントがあります。
効果的なトレーニングを取り入れ
お子さんのレベルアップを応援しましょう。

 

視力ではない!視覚力を上げよう!

視力視覚って聞いたことありますか

視力とは「はっきり見えている
つまり視力検査の結果がいいということです。

 

視覚とは「見る力」
見た情報を正確に脳で認識することです。

 

テニスにおいて特に視覚が非常に重要です。

 

コート上での反応は目から得た情報が
80%以上とも言われています。
つまり視覚がいいということは
「眼から入ってくる情報に素早く自然に反応できること」です。


速いボールが見える
だけではテニスに100%活かすことはできません。
視覚能力をトレーニングを取り入れることで、
さらにレベルを上げていきましょう!

 

視覚を鍛えよう!ビジョントレーニング

ここで、突然ですが
「寄り目」出来ますか?

両目がちゃんと寄っていなようでしたら
ビジョントレーニングが必要ですよ!

 

ビジョントレーニングとは
目の動きを良くし、
見る力を向上させ、
眼から得た情報を素早く的確に処理する
トレーニングです。

 

例えば

  • 真っすぐ正面を向いたまま、円を描くようにゆっくり両目をできるだけ大きく動かす
  • 大きさ、速さの異なるボールをランダムに投げてもらい、キャッチする
  • 通り過ぎる車のナンバーを読み取り,その数字を足し算する

 

ビジョントレーニングを続けることで
眼から入ってくる情報から
予測を立てることができるようになり
体が自然と反応する流れができるようになります。

つまり、
相手の立ち位置、
フォーム、
ラケットグリップなど
多くの情報を一瞬見て
相手の打つ
コースを限定、予測できるようになり
一歩目の反応が速くなることが期待できるのです。
 

 

しかし、
プレッシャーかかる試合の中では
見え方が変わることがあるとも言われています。 

 

普段練習から試合のつもりで
相手のコースを予測すること習慣化することも
大切になってきます。 

 

練習のための練習ではなく
試合に勝つための練習!!意識してましょう。 

 

さらに眼は脳の一部とまで言われています。 

 

眼を刺激することで
脳も鍛えられ、活性化し
頭の回転も速くなり、
集中力も上がると言われています
 

 

普段のトレーニングにビジョントレーニングを取り入れてみませんか?

 

トレーニングできる環境を整え、
子供の視覚能力をぐーっと引き出しましょう!

 

メンテナンスが大きな差になる !

メンテナンスって
プロがすることじゃないの?」
「子供が受けても大丈夫? 」
と思うかもしれません。 

 

お子さんのこのようなことが気になりませんか? 

  • 猫背気味
  • しゃがめない
  • 肩が下がっている
  • 靴底の減り方が気になる
  • 柔軟性が低い  

  

どうにかしてあげたいけど・・・

 


誰に相談すればいいかわからない。
ストレッチをしてもあまり効果を感じない 。

 

そんなあなたのお子さん!
メンテナンスを受けたことありますか? 

 

メンテナンスって
プロがすることじゃないの?
子供が受けても大丈夫?

と思うかもしれません。 

 

練習だけではもう古いですよ! 

 

メンテナンスでは
凝り固まった筋肉の柔軟性を高め
関節の可動域を広げます。 

 

ジュニア期のスポーツ障害100%近く予防は出来ます。
しかし、なってからでは100%元に戻せません。 

 

メンテナンスにより怪我の予防だけでなく
たとえ怪我をしても早期回復、
パフォーマンスアップの効果もあります。
 

 

メンテナンスを受けたことで
こんなパフォーマンスアップを実感した!という
うれしい報告を多くいただいております。

 

ドロップショットが取れるようになった!」
「試合の終盤でもフットワークが軽かった! 」
「テイクバックが大きくなった」 

 

ぜひ一度、
メンテナンスが大きな差になることを実感してください。 

 

 まとめ

今回はテニスにおいて
「一歩目の反応レベルを上げる」
ポイントとしてビジョントレーニングメンテナンスを紹介しました。

 

他のスポーツも同様にビジョントレーニングにより
眼で見た多くの情報を一瞬で情報処理し、
身体が自然と反応できるようになり、
さらに相手の次の行動を限定、予測できるようになります。

 

ジュニア期からメンテナンスをうける必要があり、
スポーツ障害を予防するだけでなく、
さらにレベルアップを望むなら
トレーニングと同等に欠かせないものです。
 

 

コンディショニング塾では
ビジョントレーニングやコーディネーショントレーニングにより
お子さんの競技、お悩み、弱い能力を効果的に
トレーニング指導いたします。
また、気になる身体のこと、メンテナンス、
栄養、メンタル面もトータルサポート。

 

頑張っているわが子の可能性を
最大限に引き出すサポートを
一緒にしませんか?

子供のことで
お困りのことがあればこちらまで

 

 

レエール スポーツコンディショニングラボ

電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.