ジュニアアスリート

オスグッドは予防できる!子供に多い膝の痛みとは!

成長期の子供の膝痛と言えば、
「オスグッド」
と言ってもいいぐらい多い症状です。

スポーツをする子供は特に多いです。

 

そんなオスグッドですが、
膝の下の脛骨粗面と言われる部分がボコッと隆起してきます。

 

つまり、
骨の変形です

 

変形してしまった骨は手術をしない限り、
勝手に治ることはありません。

場合によっては、
子供の頃にオスグッドになってしまったせいで、
大人になっても膝の痛みに悩まされる可能性もあります。

 

我が子にそんなおもいさせたくありませんよね?

 

ここでママさんパパさんに朗報です!

 

 

オスグッドは予防できるのです!

 

 

ここで今回は、
我が子を膝痛で苦しませないための、
オスグッドの予防方法をお教えします!!!

 

オスグッドとは

オスグッドは正式には、
「オスグッド・シュラッター病」と言います。

 

先程もお伝えしましたが、
オスグッドは成長期の子供に多く、
膝の下の脛骨粗面という部分がボコッと隆起して、
膝の曲げ伸ばしをする際に痛みを伴う症状です。

 

まず、知っていて頂きたいのが、
子供の骨はまだ完全に骨化していない。
ということです。

 

骨は成長期を過ぎたあたりから、
だんだんと骨化していきます。

そのため、
成長期やそれ以前の子供の骨は、
柔らかい状態にあります。

 

その、まだ柔らかい骨(脛骨粗面)に付着しているのが、
太ももの筋肉(大腿四頭筋)です。

 

そして、
スポーツなどで膝の曲げ伸ばしを頻繁におこなうことで、
大腿四頭筋筋と脛骨粗面が剥がれそうになり、
まだ柔らかい脛骨粗面が隆起してくる。

 

これが、オスグッドの症状です。

 

ではどうやって予防するのでしょうか。

 

オスグッドの原因と予防

オスグッドは、
太ももの筋肉である大腿四頭筋が関係していることは、
分かって頂けたと思います。

しかし、
普通にスポーツをして、
膝の曲げ伸ばしをいるだけではオスグッドにはなりません。

 

では、なぜオスグッドになってしまうのでしょうか。

 

 

それは、
太ももの筋肉である大腿四頭筋が、
硬くコリ固まって、
伸び縮みしにくい状態にあるからです。

 

 

大腿四頭筋が硬くコリ固まっていなければ、
スポーツをしようが、
膝を曲げ伸ばししようが、
脛骨粗面に負担がかかることはありません。

 

しかし、
大腿四頭筋が硬くコリ固まり、
伸び縮みしにくい状態のときに、
膝を曲げ伸ばしすることで、脛骨粗面に負担がかかります。

それによって、
脛骨粗面が剥がれそうになりボコッと隆起してくるのです。

 

つまり、逆を考えれば、
大腿四頭筋が硬くコリ固まってさえいなければ、
脛骨粗面に負担がかかることもありません。

 

 

大腿四頭筋をほぐして、
いつでも柔らかい状態にしておく。

 

これがオスグッドの予防になるのです。

 

大腿四頭筋をほぐせ!

オスグッドを予防するためには、大腿四頭筋をほぐす!

ここまでわかれば後は簡単です!

 

 

ほぐす。

 

 

それだけです。

 

お子さんの太ももを触ってみてください。

カチカチになっていませんか?

 

もしくは、脛骨粗面を押してみてください。

痛がりませんか?

 

太ももがカチカチになっていたら、
すぐにほぐしてあげましょう。

 

脛骨粗面を押して痛いようだったら、
かなりピンチかもしれません。

すぐにご連絡ください。

 

 

でも、大腿四頭筋をほぐすと言っても、
どうやってほぐせばいいのかわからない。

 

そう思ったママさんパパさん。

そんな時は当ラボにお任せください!

 

お子さんが、
痛みを気にせずに全力でスポーツができるように。

大人になっても膝の痛みで悩まなくて済むように。

 

今のうちから予防を始めませんか?

 

まずは気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

 

そして、
子どもたちの明るい未来を応援する、
『コンディショニング塾』
が、ついにスタートします!

我が子のために、
ここで一緒に学びませんか?

 

 


レエール スポーツコンディショニングラボ

電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.