ジュニアアスリート

ジュニアアスリートの膝痛 腰痛 肩痛の原因を見つけ出し、セルフケアが出来るようにする!

こんにちは。
レエール スポーツコンディショニング ラボ代表の廣谷です。

 

これから『痛みのコンサルタント』として
ネットを通じで、ジュニアアスリートの痛みの原因を特定し、
自宅でもできるセルフケア法をお伝えしようと考えています。

 

 

あなたの子どもも
痛みで苦しんでいませんか?
練習を休んでいませんか?

 

子どもの痛みを何とかしたい。

 

でも病院に行っても
練習を休め!しか言われない
湿布薬しかもらえない・・・・

 

 

だからこうやって
ネットで色々と調べているのではありませんか?

 

 

色々ネットで調べられているとわかると思いますが
症状の説明記事はいっぱい出てくると思います。

 

膝の痛みはこういうものだ
腰の痛みはこんなのがある

 

など。

 

でも保護者でもあるあなたが知りたいのは
痛みの知識ではないですよね?

 

 

知りたいのは
自分の子どもを何とかしたい!
その情報ですよね?

 

 

今回、
痛みのコンサルタントとして
名乗ろうとしている私としては
痛みのコンサルティングを
ネットで行おうと思っています。

 

 

メンバーのお母さん方に
痛みを相談しても

「うちの子も痛がっています。」とか
「どこどこの病院がいいですよ。」
しか言われてないのでは?

 

うちの子が痛みで苦しんでいるのに
どうしたらいいのかわからない。

 

 

そんなお母さんの悩みを
ネットを通してお聞きし
痛みの原因を特定して
セルフケア法をアドバイスしようというものです。

 

 

そんなことできるの?

 

そもそもあなたは誰?って
言われそうなので、少し自己紹介をさせていただきます。

 

=================
痛みのコンサルタント
レエール スポーツコンディショニング ラボ代表の
廣谷 善行(ひろたに よしゆき)と申します。

 

大阪体育大学を出て、
一旦は会社勤めをしておりましたが
やっぱりアスリートをサポートしたいと上京。

 

カイロプラクティック
整体などを学んで横浜で独立
痛みのコンディショニングトレーナーとして
色々な競技、チーム、団体の
トップアスリートをサポートしてきました。

 

2003年より
アマチュアスポーツのサポートを
初めて行い、大学、高校、小学生アスリートをサポート

 

10数年前から
小中学生アスリート時期から
体のサポートをしなければということで
ジュニア中心に怪我の、
痛みのコンディショニングを行っています。

 

また保護者向けのセミナー等も
色々なところで開催してきました。
====================

 

ざっとこんなものです。

 

では実際に、どのようにコンサルティングをするのか?

 

個別でZOOM(テレビ電話のようなもの)をつなぎ
私が子どもに問診をしたり
動きをチェックしたりします。

 

その時、
どこがどう痛いのか?
で、ある程度分かります。

 

ジュニアの場合の痛みは
大人より原因がシンプルです。

 

例えば膝が痛いという場合
ほとんどが膝を曲げると痛いと言います。

 

その際、画面を通して
実際、膝を曲げてもらいます。

 

その時に
膝のどの部分が痛いのか?
外側か、内側か
それともお皿の下か・・・

 

それによって
ある程度、痛みの原因を特定できます。

 

スポーツ障害の痛みの原因は
オーバーユース(使い過ぎ)だけではありません!

 

不良姿勢が原因です!
ようするに
硬く強張った筋肉が
痛みの原因です!

 

でも残念ながら
原因は自覚症状がありません!

 

自覚症状があるのは
痛む部位、箇所です。

 

例え練習を休んでも
原因は取り除かれないことが多いので
練習を再開すると
また痛くなるのです。

 

だからネットを通して
痛みの原因を見つけ出し、
そこを自分で、保護者の方に
こうやって取り除いてください!
とお伝えしていくことが
痛みのコンサルティングです。

 

 

 

 

まあ、文章では
なかなかお伝え出来ないので
ご体験を頂ければと思っています。

 

まずはこちらのコンサルティングシートにご記入いただけますか?

 

無料の痛みのコンサルティングシートはこちらをクリック

 

痛みのコンサルティングを
無料でご体験して頂けるご案内をさせていただきます。

 

 

 

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.