小学校高学年~中学生

contents_part_title01

小学高学年生から中学生にかけて、非常にコンディショニングが重要な時期に差し掛かります。

それは何故かというと、第2次成長期に入り、体が大きく変化する最も危険な時期に突入するからです。

しかし、指導者やコーチが怪我のことや身体のこと、
トレーニングのことの知識が乏しく、結局、
腰や膝や肩・肘に負担がかかり、
長く競技を続けていくことが出来なくなる
ジュニアアスリートが増えています。

特に第2次成長期に入る小学高学年頃から、
骨の成長と共に体がどんどん大きくなり、それに伴い
適切な筋力アップも行っていかなければならないにもかかわらず、
間違ったトレーニングや、偏ったトレーニングなどでスポーツ障害に陥るケースが多くみられます。

それに加えて練習が休みにくいとか、痛いと言う表現すら難しくて、痛みを重症化するケースが多くみられます。
膝の下辺りが痛くなる『オスグッド病』や、踵の後ろが痛くなる『セーバー病』など成長痛と呼ばれている症状があります。

オスグッド病やセーバー病はサッカーやバスケットボール、バレーボールなどの球技種目の子どもたちがなりやすいと言われております。

体を酷使した状況が続くと、過度にストレスがかかり、変形をしてしまうような症状です。
この時期は、まだ骨が完全に硬くなっているのではなく、軟骨部分が多く残っているのですが、筋肉を疲労させすぎてストレスがかかり、変形を伴うようになります。

適切な休息やメンテナンス(ストレッチやマッサージなど)と、適切なトレーニングが必要な時期なのですが、まだまだ認識不足で子どもの体が痛み始めています。

最近では体幹トレーニングという言葉が飛び交っており、部活動でも体幹トレーニングを行っているケースも多く見られますが、 残念なことに正しい体幹トレーニングが行われていなかったり、間違った指導をされたりしています。

小学生、中学生からしっかりとしたメンテナンスやトレーニングが必要なことですが、余り正しいことがで来ていないのが現状で、少しずつ改善されており、近い将来は練習以外にも、トレーニングやメンテナンスを行いチームや団体が増えてくることと思われます。

contents_part_title01

小学高学年~中学生ぐらい、いわゆる第二次成長期
の子供は非常にバランスを崩しやすくなっています。

骨の急激な成長に合わせて、筋力の向上がついていけてなかったり、筋力のバランス(左右、前後など)が悪くなっていたり、練習で疲れきった筋肉が硬くなったりで、動的アライメント不良(正しく動かせない)が起こり、その状態で繰り返しのストレスを練習でかけられてしまうので、肩や肘、腰や膝に痛みが出てしまう場合があります。

スポーツ障害はほとんどの場合がオーバーユース(使い過ぎ症候群)だと思われていますが、
現代っ子はオーバーユースだけがスポーツ障害の原因ではないように思われます。

オーバーユース→痛み→安静→完治
ではなく、
不良姿勢→オーバーユース→痛み→安静→リコンディショニング→完治
という方程式が当てはまります。

オスグッド病、セーバー病、腰椎分離症、骨端線損傷などが
小中学生アスリートのスポーツ障害の典型的な例です。

ただ単に使い過ぎ(オーバーユース)だけで痛くなれば、患部の安静で痛みが経験しますか、元々姿勢が良くない状態(不良姿勢)で使いすぎるから痛みが出ていることがほとんどですので、安静だけでは患部の痛みは軽減したいとしても、不良姿勢はそのままの状態です。

だから痛いから練習を休め!では、また練習を再開すると痛みが戻ってくることが多くみられます。

骨盤前傾位

上の画像をご覧ください。
この画像は、当ラボに来てくれているジュニアアスリートです。

4人とも骨盤が前傾位になった状態です。
この状態で、腰を反るような動作が多い競技(バレーボール、テニス、水泳のバタフライなど)だと腰痛を引き起こす可能性が高まります。

ではこの骨盤前傾位は安静にしていて、良くなるものでしょうか?

残念ながらなりません。

では何故、骨盤前傾位になってしまったんだろう?

単純に考えられることが2点あります。

  1. 股関節屈曲筋群の委縮
  2. 股関節進展筋群の弱化

委縮している筋肉はほぐし、弱化している筋肉は強化しないと、骨盤前傾位はそのままです。

ジュニア期のスポーツ障害の特長

ジュニア期のスポーツ障害の特長ですが、
『100%近く予防は出来ますが、起きてからでは100%元に戻せない!』

オスグッドでもセーバーでも腰椎分離症でも、起きてからでは元に戻すのが非常に困難で、
骨の変形等が見られます。

だからこそ予防が大事!

予防するのは痛みが出やすい、膝や腰や肩や肘だけではありません。
膝や腰や肩、肘にストレスをかける原因である部位等のコンディショニングを整える必要があります。

痛みが出てからは遅かったりします。
痛みが出たから安静だけでは物足らない場合がほとんどです。

当ラボでは、小学生、中学生の学生アスリートからメンテナンスやトレーニングを行っております。

contents_part_title01

スポーツ障害の予防は『姿勢』を見ることです。

しかし、コーチや指導者は姿勢を見ることが出来ない
事が多く、ほとんどはフォームを注意するぐらいです。

「もっと腰を落とせ!」
「もっと腕を上げろ!」
体が出来上がっていない状態で、腰や腕を動かしていると、やがてストレスがかかり痛みが出てくるのです。

フォームを見るのはコーチや指導者の役割ですが、姿勢を見ることが出来るのか?

姿勢を見るのはトレーナーの役割ではないでしょうか?

姿勢が悪いとわかっていても、どうやって改善すればよいのか?
言葉では言えたとしても、理論がなければ改善させることが出来ません。

当ラボでは、ジュニアアスリートの姿勢を動画と静止画で撮影し、現在のコンディション(静的・動的アライメント)をチェックし、
その結果をアドバイスし、『スポーツ整体』『パーソナルトレーニング』のコースへご誘導させていただきます。

『パーソナルトレーニング』では、筋力アップだけではなく、柔軟性アップ、神経系のトレーニングまで行い、その子供に合ったトレーニングメニューを組み、怪我の予防、パフォーマンスアップのお手伝いをさせていただいております。

繰り返しの練習だけでの上達ではなく、身体の弱点を見つけ、修正していくことによって、
怪我もなく、レベルアップさせることが出来ます。

姿勢力を高めてパフォーマンスアップを!!

 

当スポーツコンディショニングラボでは、小学生高学年頃からの体のメンテナンスや、不良姿勢をチェックし正すトレーニングを行っております。
詳しくは下記のページをご覧ください。

『スポーツケア』の詳細はコチラ  『トレーニング』の詳細はコチラ


Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2019 All Rights Reserved.