スポーツ障害・怪我

スポーツ障害とは?

こんにちは、レエール スポーツコンディショニング ラボ代表の廣谷です。

スポーツをしていると怪我は付き物だとよく言われますが、案外、スポーツにおける怪我について知らないことが多いので、少しご説明をしていきましょう。

スポーツ障害の種類

本来、スポーツにおける怪我には種類あります。

「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」

ん?何が違うのだろうか?と思いますよね。
スポーツ外傷は、捻挫や骨折、打撲や肉離れなど、痛みのない状態でも転んだり、ぶつかったり、捻ったりする症状です。

スポーツ障害はそれとは別に、繰り返しのストレスで痛みが出るような症状です。
野球のピッチャーの投球肩、ゴルファーのゴルフ肘、ジュニアアスリートのオスグッド病などがそれに当てはまります。

横浜市青葉区にある当ラボでは、ジュニアアスリートから大人まで、スポーツ愛好家の方から競技選手までのメンテナンスとトレーニングを専門にしていますが、我々はスポーツ障害の予防や早期回復が目的です。

骨折や捻挫だと病院というイメージですが、繰り返しのストレスで痛くなるスポーツ障害は、病院に行ってもレントゲンを撮って、あとは安静と言われるような症状こそ、我々の出番だと思います。

だからこそそのスポーツ障害について、皆さんにもご理解いただきたいと思います。

スポーツ障害の予防

捻挫や骨折、肉離れの予防も、筋力アップや柔軟性をアップすると予防につながりますが、スポーツ障害の予防に関しては、筋力や柔軟性をアップしただけでは予防にはならないケースがほとんどです。

スポーツ障害を予防するには、やはり「休める!」「使い過ぎない!」が原則ですが、なかなか中高生などの学生アスリートは、部活動の練習に基づいておりため、自分が疲れているから自分だけ休むとか、大会や試合などが近づいていると休みにくいなどの状態で、休むことも困難な環境の方もいると思います。

また使いすぎるなと言われても、競技レベルの高い選手や、高い目標を持った選手や、自分の限界ぎりぎりまで使い切る事がほとんどなので、使い過ぎ瑠菜と言われても、難しい問題です。

ただ単に休めば、スポーツ障害の予防になるのか?
私が選手などに言っているのは、安静だけでは完全な予防ではないと言うことです。

使い過ぎが大きな原因ですが、それ以外にも原因があります。

スポーツ障害の原因

野球のピッチャーが、ボールを投げる数が多くなると、肩や肘に痛みが出る可能性がありますが、投げる球数を減らすだけで本当に良いのでしょうか?

スポーツ障害の原因は「オーバーユース」と「不良姿勢」が考えられます。

例えば、先程の野球のピッチャーで例えると、肩が痛い場合は、もちろん投げ過ぎが原因である事は間違いはありません。
しかし、特に小中学生のジュニアアスリートなどは、フォーム(動的アライメント)の良し悪しにも関係をしています。

下半身を使わず腕で投げている場合、肩の柔軟性が低下している場合、体の軸が出来ていない場合なども原因の一つだと思われます。

では上記の原因は、安静にしていれば改善されるものなのか?

やはりそれは不可能なことです。

スポーツ障害の予防には不良姿勢を正すこと!

Jr.alignment

長年、当ラボでは小学生からのアスリートの姿勢を、動画や静止画で撮影をし、どの筋肉が弱いのか?硬いのか?などを分析し、その状態に合わせてメンテナンスやトレーニング指導をしていますが、腰や膝や肩の痛みの原因は、使い過ぎだけであありません!
姿勢の悪さ(不良姿勢)も大きな原因だと言えます!

これはジュニアに限ったことではありません。

元の姿勢が悪い状態で、ボールを沢山投げたり、走り続けたり、ボールを蹴り続けたりすることで、膝や腰や肩が痛くなるのです。
安静にしていも、この不良姿勢は正しくなりません。

フォームの悪さも、これに当てはまるので、不良姿勢を正すと、スポーツ障害の予防にもなりますし、競技力アップにもつながります。

スポーツ障害を予防するとすれば、スポーツの上達の一つでもあると思います。

 

 

-スポーツ障害・怪我

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.