スポーツ障害・怪我

全国に痛みで悩んでいる人が一人でも少なくなれば・・・・

こんにちは。
レエール スポーツコンディショニング ラボ代表の廣谷です。

僕のクライアントさんの症例です。

高校生 アメリカンフットボール 下腿の骨折で手術
でも手術から10ヶ月経っても、いまだ骨折した部分の痛みがあり、
プレーが出来なくないということで来院されました。

 

学生スポーツは、期間が短いので、
こういった怪我は怖いですよね。

 

だから僕らのようにスポーツコンディショニングトレーナーがいると思って欲しいです。

 

ちなみにこのアメフト選手、4回目の施術位で
痛みが軽減し、練習でも走れるようになりました。

 

病院のドクターと、トレーナーの違い。
まだまだ認知度が低いかも知れませんが、
整形外科に行っても、練習を休めとか、
湿布薬や痛み止めしか言われないようであれば、
もしかするとスポーツコンディショニングトレーナーに任せてもらいたいですね。

たまにこのラボにもメールで
関東以外にお住まいの方からの相談で、
「○○県に住んでいますが、近くにスポーツコンディショニングトレーナーはいませんか?」
と言われます。

さすがに関東以外に住んでいる方に
横浜に来てください!とは言えないですよ。

かといって、僕が行きますよ!とも言いづらいです。

だから2006年から『レエール スポーツコンディショニングトレーナーズ スクール』を設立し、
沢山のスポーツトレーナーを育成してきました。

でもまだまだ全国に卒業生がいるという環境は作れていません。
だからなんとかスクールの入学してもらおうと頑張ってきました。

 

しかし

 

全国の人が学びに来られるというものではありませんでした。

 

だから2018年よりスクールもネットで学べる環境を作りました。

詳細はこちら
動画&オンラインコース

ネット環境があれば
通学する必要はなくなりました!

自宅でもパソコンやスマートフォン、タブレットから
いつでも何度でも観て学ぶ環境です。

 

すると・・・・

 

学び始めたのが、案外、ジュニアアスリートのお母さんでした。
自分の子どものため、体の事を知り、怪我の知識を身につけ
施術やトレーニングのやり方をマスターされているのです。

 

僕もいつも思います。

膝や腰や肩などの痛みは
ある程度、自分でケアできるものなのです。

でも自分でケアするやり方がわからないですよね?
それは体の知識、怪我の知識などを知らないからです。

それを知るだけでも、自分の家族位はケアできるようになりますよ。

家族が出来るようになれば、友人や知人も同じです。
となると、プロとして活躍できるのも夢ではありません!

痛みで苦しんでいる人を助けることは
誰にでも出来るようになります。

 

そんな志を持ったトレーナーを、
インターネットを通じて教育し、
少し先には、痛みで悩んでいる人たちもインターネットで募集し、
セルフケアのやり方を教えていこうと思っています。

セルフケアだけでは不安な方には、
我々が育成した、スポーツコンディショニングトレーナーを紹介しようと思います。

 

この世から、痛みで悩んでいる人を、一人でも多く助けれたら
どんなに幸せな世界になるのだろうか?

ドクター以外にも、スポーツコンディショニングトレーナーがいるってことを知ってもらいたいです。

 

-スポーツ障害・怪我

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.