ジュニアアスリート

スポーツをする子供の膝痛とは!成長痛?オスグッド?

「うちの子にもなにかスポーツをさせたい!」

そんな思いから子供にスポーツを始めさせたものの、
成長期の子供は必ずと言っていいほどぶち当たる壁があります。

 

それは、

ケガです。

 

特に成長期に多いのは膝の痛みです。

一生懸命練習に励む子供。

しかし、膝が痛いと言ってきました。

「なんとかしてあげたい。」

そんなママさんパパさんのために、
ジュニアアスリートに多い膝の痛みについて解説していきます!

 

子供の膝痛とは

ジュニアアスリートに多い膝痛。

特に膝の曲げ伸ばしが多いスポーツにはよくあります。

膝を曲げた時に痛い。

基本的にその痛みの原因は、

筋肉の硬さにあります。

膝を曲げる際、太ももの表側にある大腿四頭筋が伸ばされます。

しかし、
大腿四頭筋が硬くなっていると、伸びにくくなってしまいます。

それによって膝を曲げた際に痛みが出ると考えられます。

膝が痛いと言っているお子さんの太ももの表側を触ってみてください。

カチカチに固まっていませんか?

そのカチカチの筋肉をほぐすと、
膝の曲げ伸ばしもスムーズになり痛みも消えるでしょう。

 

成長痛?オスグッドとは

「オスグッド」一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

正確には「オスグッド・シュラッター病」と言います。

症状としては膝のお皿(膝蓋骨)の下あたりがボコッと隆起して、
先程と同様で膝を曲げた時に痛みが出る方がほとんどです。

なぜオスグッドになるのか

なぜ成長期の子供はオスグッドになるのか。

それもまた先程と同様で太ももの表側の筋肉、大腿四頭筋が関係しています。

オスグッドの症状として
膝のお皿(膝蓋骨)の下あたりがボコッと隆起してくると言いました。

実はその部分に大腿四頭筋が付着しています。

ですが、子供の時点では骨が完璧に骨化していません。

まだ柔らかい状態の骨に付着している大腿四頭筋が、
先程と同じように硬くなり、伸びにくくなっている。

そのままスポーツを続け、膝を曲げ伸ばしし続ける。

その結果、

骨と大腿四頭筋が剥がれそうになり、
その部分がボコッと隆起してくるのです。

 

骨と筋肉の付着部が剥がれそうになっているんだから痛いよね。
うん。
そりゃそうだ。

 

痛みの原因、大腿四頭筋をほぐす!

成長期のジュニアアスリートに多い膝の痛み
そしてその原因について
しっかりわかっていただけたと思います。

ここまで来たらもう簡単!

原因となる大腿四頭筋をほぐすのみです!

しかし実際のところ病院に行っても、

「成長痛だね。しばらく安静にしていよう。」
「オスグッドですね。安静にしてください。」

こればかりです。。。

安静にしていても
一時的に痛みはなくなるかもしれませんが、その時だけ。

残念ながら原因である大腿四頭筋は安静にしてもほぐれません。

「じゃあどうやってほぐせばいいんだ。」

そうお考えのあなた!

硬い筋肉をほぐすなら、当ラボにお任せください!

ストレッチだけではほぐせない筋肉を独自の技術を使ってほぐします。

 

「膝が痛くて大好きなスポーツができない。」
そんな我が子の悩みを取り除いてあげませんか?

 

そして、
子どもたちの明るい未来を応援する、
『コンディショニング塾』
が、ついにスタートします!

頑張る我が子のために、
ここで一緒に学びませんか?

 

 


レエール スポーツコンディショニングラボ
電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.