スポーツ障害・怪我

なかなか治らない捻挫~悩む子供に親ができること~

あ母さん、お父さん。

病院では治ったって言われたけど…

部活をすると痛いし、
腫れちゃう…

足首がなんかグラグラして怖いよ…

思うように動けない…

この捻挫、
本当に良くなるのかな…

また捻挫しちゃった…

くせになっちゃったのかな、
どうしよう…

 

いつまでも痛がったり、
思うように好きなスポーツができず、
不安で元気がない我が子を見るのは辛いですよね。

 

親として、何もしてあげられない…

 

どうしてあげたらいいのかわからないのも、
また辛く悲しいものです。

 

スポーツ現場にはつきもののような、
足首の捻挫。

 

2~3日冷やしておけば大丈夫!

1週間程で痛みも腫れもほとんどなくなったから練習再開しちゃお!

 

と軽く考えてしまった事はありませんか?

 

実はこの判断、
すごく怖いことなんですよ。

 

適切な治療やメンテナンスを怠った結果、
いつまでも、
痛みや色々な不調に悩まされることが多いのが、
足首の捻挫なんです。

 

治ったと忘れていた子供の頃の捻挫が、
今のママさんパパさんの腰痛や肩こりの原因!

なんてこともあります。

 

そもそも、ねんざって??

よく、捻ったとか、
くじいたとか言われる捻挫。

 

関節に異常な力(関節が正常に動く範囲外の力)
が加わることによって、
関節を形作っている骨と骨をつなぎ、
骨がずれないように安定させている紐状のもの(靭帯)などの組織が、
伸びたり、傷ついたり、切れたりした状態になります。

 

軽い捻挫なら、
2~3日で痛み・腫れが軽減し、
10日程で良くなったと感じます。

ひどくても、
1カ月位固定したのち、
治りました。
となる医療機関が多いようです。

 

しかし、2~3日経っても、
足に体重をかけられないほど痛かったり、
腫れや内出血が酷い場合は、
骨折している場合があります。

 

特に子供の骨は柔らかいため、
靭帯がくっついている骨の表面が、
剥がれるように骨折(剥離骨折)していることもあります。

この剥離骨折はレントゲンでは移りません。

 

症状だけで正しく状態を判断することは難しく、
回復を遅らせてしまう事になりかねません。

 

親が子供にできる事①

正確なケガの状態を知り、
適切な治療計画を立てる為、
信頼のおける医療機関を受診させてあげましょう。

 

応急処置はRICE!

グキッ!

やっちゃったら、すぐRICE処置です。

 

聞いた事はあるけど、
正しい方法や目的は知らない。

という方も多いのではないでしょうか。

 

きちんとできれば、痛みを軽減し、
回復を早める助けになります。

 

大事なお子さんの万一の供えに、
以下のやり方を確認してみてくださいね。

 

Rest=安静
→なるべく体重がかからないようにし、
無理をさせないこと。

Ice=冷却
→氷が解けるとき、
患部の熱を吸熱してくれるので、
氷が最適です。
20分位で冷たい痛みの感覚がなくなってきたら、
氷を外し、再び痛みが出てきたら冷やす。
24~48時間続けます。
これがとても大切です。
血管を収縮させ、
炎症や腫れ・痛みを軽くする為に行います。
コールドスプレーや湿布薬には、
患部の熱をとるほど冷やす効果はないので注意です。

Compression=圧迫
→バンテージや弾性包帯などで圧迫します。
腫れや出血を防ぐために行います。
血流を遮断して、
神経障害が起きないよう、
足指の感覚チェックをして強さを調節します。

Elevation=挙上
→患部をなるべく心臓より高いところに上げ、
内出血を防ぎます。

 

と、こんな感じです。

 

腫れや出血が多いと、
痛みも増し、治りも遅くなります。

また、血流が多いと腫れ・出血が酷くなるので、
2~3日はお風呂・辛い物(刺激物)は厳禁です。
大人であれば飲酒も厳禁ですよ。

 

親が子供にできる事②

動揺したり、慌てている暇はありません。
勝負は受傷直後20分。
怪我をした子供は動揺しています。
だからこそ親は落ち着いて、
適切なRICE処置を行ないましょう。
いつもと変わらず淡々としたママさんパパさんの姿に、
お子さんは安心します。

 

治ったはずなのに、いつまでも調子が悪いのはなぜ?

痛みも腫れも無くなったから、
部活を再開した。

病院にも行って、
骨折もしてないと言われた。

安静も守って、治ったと言われた。

 

なのに…

 

ちょっと走ったら痛いし、腫れる…

ケガをする前と同じように動けない…

なんか、身体がフラフラする…

 

何でだろう…

 

もう、お友達と同じように
思いっきりバスケできないのかな…

もう、力いっぱい
サッカーボール蹴れないのかな…

 

小さな胸の内は不安でいっぱい。

 

捻挫の症状は、10日位で、
良くなったと感じる事が多いとお伝えしました。

ですが、
傷ついた組織が元通りになるには、
4~6週間はかかります。

 

ひどい捻挫でも、
1・2カ月の固定ののち、
治ったとされるのはこのためかもしれません。

 

しかし、
痛みが無くなっても、
腫れがひいても、
2カ月間固定しても、
捻挫は治っていません。

 

「治る」とはどういうことか

単純に、
靭帯の傷や断裂だけで考えれば、
きちんと固定をして、
損傷した部分を使わないでいると修復されます。

 

切れてたものがくっついた=治ったとなります。

 

しかし!

 

2本の紐と紐の先端同士を、
細~い糸で縫い付けただけのようなもの。

ちょっと引っ張れば切れてしまうほどの弱さなのです。

 

また、
動かさなかった関節は固くなり、
その間、使われなかった筋肉は細くなります。

 

靭帯と同じように筋肉にも関節を守る働きがありますが、
弱く、動きの悪くなった関節を、
細くなった筋肉で守れるでしょうか?

 

残念ですが、守れません。

 

だから、
捻挫は繰り返され、
くせになると言われます。

 

人間の身体は何とかして、
使えない部分を補おうとします。

 

硬くなった関節と、
細くなった筋肉の働きを補うため、
本来使わなくても良い筋肉を使って補おうとします。

 

これは、
身体にとって異常な動きになりますから、
負担がかかります。

 

異常な動きや筋肉への無理な負担がかかると体は痛くなります。

 

これが、
治ったはずなのにいつまでも痛い・腫れる。
を引き起こします。

 

そしてもう1つ、
大切なことがあります。

 

足の裏や靭帯には、
固有受容器という機能があります。

簡単に言うと、
センサーのようなものです。

地面の状況や、
体の傾きなどをこのセンサーで感じて、
情報が脳へ伝えられます。

その情報を瞬時に脳が分析して、
各筋肉に指令を出して動かします。

 

ちょっとつまづいたとき、
バランスを崩しても転ばず持ちこたえられたり、
足場の悪い場所で目を閉じても立っていられるのは、
このセンサーがしっかり働いているからなんです。

 

しかし、
固定や安静でこのセンサーを使わない時間があると、
センサーの機能が衰えて働かなくなってしまいます。

 

センサー機能が働かないとどうなるか…

身体のバランスが上手くとれなくなったり、
筋肉への正しい指令がスムーズにでなくなり、
思うように身体が動かせなくなってしまいます。

 

お年寄りがつまずきやすく、
転倒が増えるのは、
加齢によりこのセンサーと筋力が
衰えてしまったことが要因にあります。

 

このセンサー機能の衰えが、
ケガをする前と同じように動けない。
という感覚を生みます。

 

もう、勘のいいママさんパパさんはお気づきですよね。

 

切れた部分がくっついただけでは、
「治った」とは言えません。

 

思いきり走ったり、
飛び跳ねたりするために、
足首がバランスをとったり、支えたりします。

しかし、
しっかりとした機能を取り戻せていないままでは、
治ったとは言えないという事。

衰えた筋力と、
更に弱くなった靭帯を補うための必要な筋力をつけ、
衰えたセンサーを復活させてあげれば、
身体は正しくスムーズに動くようになります。

 

そうなれば、
痛みなく、思うように動く身体を取り戻せます。

 

副産物として、
しっかりここまでメンテナンスできれば、
身体の使い方がケガをする前よりうまくなるので、
バリバリ練習ができて、
どんどんうまくなります。

 

子供の笑顔が戻ってきます。

 

これこそ
「治った」
ではないでしょうか。

 

親が子供にできる事③

本当の意味で治す為に、
衰えた機能を改善するための、
ケアやトレーニングを行なわせてあげましょう。
子供は、
練習に参加できない事を
嫌がるかもしれませんが、
今我慢してケアとトレーニングを頑張ったら、
ケガをする前よりうまくなれる。
という明るい未来を想像させてあげましょう。
そして、
子供の最高の笑顔を取り戻してあげましょう。

 

出来ることなら、
手を尽くしてあげたいけど…

何をどうしたらいいのかわからない。
というママさんパパさんへ。

当ラボなら、
お子さんの笑顔を取り戻すお手伝いができます。

 

一言で足首の捻挫といっても、
症状は千差万別です。

なかなかその子その子に合った、
ケアやトレーニングを探るのは難しいですよね。

 

当ラボでは、
ひとりひとりの身体の状況をしっかり確認し、
あなたのお子さんに合ったトレーニングを、
楽しく行えるようにご提案いたします。

また、
併設のサロンでは必要に応じて、
固くなってしまった筋肉や、
痛みのケアもさせて頂くことができます。

 

迷っている方、
ひとりで抱えこまず、
気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら

 

一緒にお子さんの笑顔を取り戻しませんか?

 

そして、
子どもたちの明るい未来を応援する、
『コンディショニング塾』
が、ついにスタートします!

我が子のために、
ここで一緒に学びませんか?

 

 


レエール スポーツコンディショニングラボ
電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

-スポーツ障害・怪我

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.