ジュニアアスリート

子供の膝痛は本当に成長痛?オスグッドの原因と予防方法!

お子さんの膝の痛み、
成長痛と思って放置していませんか?

 

「今は成長期だし、
骨が成長して筋肉や腱が引っ張られているのね」

「ひとまず安静にしているけれど、
いつまで練習を休んだらいいの?」

「痛みが引いたからまた練習に戻ったけど、
帰宅したらまた膝が痛いと言っている…。」

 

そんなお子さんの状態は心配だけど、
どうしたら良いのか分からないママさんパパさん、
必見です!

 

その痛み、本当に成長痛?

そもそも成長痛って病気なの?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

成長痛という病気はなく、
骨が成長するだけでは基本的に痛みはありません。

 

子供のうちの関節痛は、
「成長痛」と呼ばれることが多く、
主に夕方から夜に、
数時間にわたり膝、ふくらはぎ、足首など、
痛みを訴えることが多いのが特徴です。

 

他にも、

・夜はひどく痛むが、朝や日中は全く痛みはない
・病院に行っても関節に炎症はみられない
・腫れや圧痛はない
・関節の動きに制限はない

といった特徴もあります。

 

成長痛は、
今のところ具体的な治療や対処法はなく、
どんなに痛くても、
擦ってあげるくらいしかできないかもしれません。

でも、
上記のような成長痛であれば、
小学生以降にかけて、
痛みの頻度は徐々に減っていき、
自然に良くなっていきます。

 

速めの対処が必要なオスグッド

一方、
あなどってはいけないのは、
成長期のスポーツ障害としてよく知られている
「オスグッド」です。

 

子供の身長は、
10歳を過ぎたころから急激に伸び始めます。

ちょうどスポーツに熱中し始める頃というのが、
注意点です。

 

太腿の前側の筋肉(大腿四頭筋)が、
何度も引っ張られることによって、
筋肉の付着部(脛骨粗面)を強く引っ張ります。

そして、
脛骨粗面が剥離と修復を繰り返しながら、
軟骨部分は隆起し、炎症が起こり、
膝の曲げ伸ばしの際に痛みが出てきます。

まだ完全に骨化していない子供の骨は、
十分に伸び縮みしない太腿の筋肉に、
繰り返し引っ張られ、
そのストレスによってダメージを受けてしまいます。

 

主に、

・膝下が腫れていて、押すと痛い
・足を動かすと痛むが、安静にしているとあまり痛みを感じない

という特徴があります。

 

オスグッドは、
周りの組織が炎症を起こしてしまうと、
慢性的な痛みとなり、
回復が遅れてしまうことがあります。

また、
脛骨粗面が骨化した後も、
スポーツを続けたり、
太腿の筋肉を鍛えていく上で、
痛みが出る可能性もあり、
将来的に、膝への不安が残ってしまいます。

 

このような症状になる前に、
スポーツをする上で、
痛みの原因の早期発見と予防が、
いかに重要かが分かります。

 

・練習前の準備運動やストレッチをしっかり行う
・アップの時点で膝に違和感や痛みがある場合はすぐに保護者や指導者に相談するよう伝えておく
・練習後やお風呂上りに太腿の前側や股関節、膝のストレッチを最低30秒は行う

など、
意識的に自分の体の状態を観察することも、
痛みの予防には効果的です。

 

他にも、
ママさんパパさんができる、
とっておきのホームケアをこちらで紹介しています。
是非ご覧ください。

『オスグッドは予防できる!子供に多い膝の痛みとは!』

 

今回は、
成長痛と放置されやすい、
膝の痛みについてお伝えしました。

 

「膝の痛み」と言っても原因は様々で、
今回ご紹介した以外にも、
股関節が原因で膝が痛くなるケースや、
骨の病気や関節への感染が疑われるケースなど、
様々な原因が考えられます。

 

心配な症状がある場合は、
痛みが長引く前に病院で診てもらうとよいでしょう。

また、
スポーツをしているお子さんをお持ちの方は、
是非一度、当ラボにお越しください。

 

当ラボでは、
すでに痛みの出ている方は、
痛みの原因を突き止め、
ピンポイントに施術を行なうことで、
本来の動きに徐々に近づけていきます。

そして、
痛みが出る前の予防としての、
施術やトレーニングも充実しています。

 

「痛みを出さない体作り」とは、
偏った体の使い方を正し、
そのスポーツに特化した、
体の動きがスムーズにできるよう、
筋肉や関節に働きかけ、
「使いすぎ」によって引き起こされる痛みを予防する。
ということです。

 

お子さんの体の動きの癖や、
痛みが出る時の動きを確認することから始めましょう。

まずは気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら

 

そして、
子どもたちの明るい未来を応援する、
『コンディショニング塾』
が、ついにスタートします!

我が子のために、
ここで一緒に学びませんか?

 

 


レエール スポーツコンディショニングラボ
電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.