スポーツ障害・怪我

小学生テニスプレイヤーの腰痛の原因は股関節?!

テニスをしている小学生、こんなことないですか?

  • サーブをする時、腰を反ると痛くて思いっきりサーブが打てない
  • 後屈ができない
  • 練習を休んでも再開するとまた腰が痛い

 

腰痛の原因は股関節の緊張と腹筋のインナーの弱さ

サーブを打つときに出る腰の痛みの原因は、
股関節を曲げる筋肉の柔軟性不足と
伸ばす筋肉の弱化、
腹筋インナー筋の弱さにより
腰椎の湾曲が大きくなることで腰椎が圧迫されることで
痛みが出ているのです。

 

 

ということは・・・

 

 

緊張した筋肉をゆるめ
弱った筋肉を強化

 

では、そのようにすればよいのでしょうか?

 

自宅でできるセルフケア

ここでセルフケアを紹介させていただきます。
子供だけでは、なかなか続けられません。
親子で一緒にぜひお試しください。

【テニスボールで筋肉ゆるめ】

うつ伏せになり
テニスボールを股関節から太ももにかけ
痛い気持ちいいくらいの圧をかけ
10往復、転がしましょう 。

 

股関節前側の筋肉を緩める効果があります。

 

 

 

【仰向け腹式呼吸】

はじめは仰向け状態で腹式呼吸。
息を吸っておなかを膨らませ、
息をはいてへこませる。
20回を目安にゆっくりとしましょう。
慣れてきたら座位、立位にもトライしましょう 。

 

腹筋のインナー筋の強化が期待できます!

 

 

【椅子スクワット】

脚を腰幅から肩幅に広げ、
椅子に座るギリギリ手前まで
ゆっくりと腰を落としていき、
ゆっくり上げていきましょう 。
1日10回を3セット

<ポイント>
膝が足指より前に出ない
膝が足先方向に向ける

 

 

弱化した太ももの筋肉を強化できます!

 

 

腰痛は早めの対処で早期回復、
毎日のセルフケアで改善につながります。
ぜひお試しください。

 

 

当ラボでは、姿勢分析を取り入れ
痛みの改善だけでなくパフォ―マンスアップのため
整体とトレーニングを組み合わせ
あなただけのトレーニングプログラムご提案。

あなたの子供が腰の痛みを気にせず、
またバシッとファーストサーブを打つ!
そんないきいきとした姿を応援しましょう。

-スポーツ障害・怪我

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.