スポーツ障害・怪我

痛い‼を感じた時はどうすれば良いのか?

スポーツをしていると膝が痛い、腰が痛い、肩が痛いなど、常に痛みと隣りあわせ。

でもあまり、痛みが出てしまっても、何をしたら良いのか?
案外、練習を休む、湿布薬を貼る程度のことしかわかっていない人も多いと思います。

 

アイシング

 

痛みが出たらアイシング(冷却)は、ほとんどの方が理解されています。

 

しかし

 

正しいアイシングが出来ていなかったり、アイシングだけでは物足りなかったりするのですが、
まだまだそこまでは理解されていないように思われます。

 

特に

 

アイシング=冷湿布

 

当ラボにもこんな方が大勢います。

「痛みを感じてから冷やしましたか?」

「はい、冷やしました。」

「何で冷やしましたか?」

「湿布をずっと貼っています。」

 

「・・・・・・・」

 

このようなケースです。

確かにヒヤッとする湿布薬は、冷えているような感じはしますが
アイシングで必要な冷却では役不足です。

湿布薬は抗炎症作用、鎮痛作用として使用するならOkですが、
冷却としては物足りていません!

 

  1. 保冷剤
  2. 冷水

 

氷がベストですが、なければ保冷剤、
それもなければ冷水です。

 

でも冷却だけでは物足りません!

 

RICE処置という言葉を聞いたことがありますか?

4つの頭文字を使った急性期の処置法です。

  • R:rest  安静
  • I:icing  冷却
  • C:compression  圧迫
  • E:elevation 挙上

この4つの頭文字をとったものです。

痛いを感じた時は

まずは患部を安静に、動かさないようにして、氷をビニール袋などに入れ、患部に当てます。
氷で当てた上から、簡単なのはサランラップなどで巻き付け、少し圧迫を加えます。
その際、患部を心臓より高い位置で固定するとベストです!

 

ただここで問題が。

 

うまく処置をしたとしても、
その後、お風呂に入ったり、アルコールを飲んだり、刺激物を食べたりすると逆効果になりますので、
RICE処置と合わせて、NG行為も覚えておいてください。

 

これは急性期の処置法なので、
痛みが長引いている場合には、これはベストとは言えません。

いつまでもRICE処置をしていると、回復が遅れてしまう可能性があります。

 

2~3日のRICE処置後は、温める必要が出てきます。
お風呂に入って温める方こそ、怪我の回復が早まり時期もあるということです。

 

-スポーツ障害・怪我

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.