ジュニアアスリート

痛みの原因はそこじゃない!痛みの原因を知ればホームケアも簡単!

こんにちは。
レエール スポーツコンディショニング ラボの廣谷です。

 

実際、子どもがスポーツをしていると
家に帰って来た途端
「痛い!」と言ってきたりします。

 

前回のブログを読んでいただきましたか?
『子どもが練習から帰ってきたら、
痛いと言ってきた。さあお母さんはどうする?』

 

急性期の怪我は
なんとなくわかっていただきました。

 

 

でもずっと痛い
練習を休むほどではなくても
なかなか治らない。

 

病院に行ったけど
「骨には異常がありません。」
「少し練習を休んでください。」

 

もしくは
「湿布薬を出しておきますので、
様子を見てください。」

 

 

こんな経験ありませんか?

 

 

一般の方なら
少し休んだだけでいいのかも知れませんが、
アスリートとなると。。。。

 

特に小中学生アスリートとなると
1日も早く練習に復帰したい
って思いますよね?

 

特にスポーツを頑張っている子どもさんほど。

 

そんな時、
お母さんとして
子どもに何て言っていますか?

 

「先生が言った通り、
もう少し練習を休みなさい。」

 

ですか?

 

じゃあ、休めば痛みが解決しますか?

 

 

ここでジュニアの痛みの専門トレーナーの
廣谷としたら、お母さんに一言伝えたい!

 

 

 

 

「痛みの原因はそこじゃない!」

 

 

前回のブログでも書きましたが
スポーツにおける怪我には2種類あるっていうことを。

 

スポーツ外傷
スポーツ障害

 

外傷は外からの圧力で
痛めた痛みや怪我で
骨折や捻挫、打撲などを言います。

 

障害は
繰り返しのストレスで
筋肉などの炎症がある状態
野球肩、テニス肘、オスグッド
がそれに当たります。

 

 

まずスポーツ外傷なら
痛いという患部が悪いのです。

 

膝を転んでぶつけたなら膝が
相手と肩がむつかっていたいなら肩が
痛みの原因です!

 

 

しかし

 

野球肩やテニス肘など
繰り返しのストレスで
痛みような症状は
痛む部位が原因でないです!

 

 

痛みの原因は
他にあるのです!

 

だから練習を休んだだけで
痛みがなくなったからと言って
全然解決にはなっていないのです。

 

 

だから練習に復帰すれば
また痛くなるのです!

 

 

どういう事?
ですよね?

 

 

例えると非常によくわかると思います。

 

あなたが、お財布を持って
お出かけをしたとしましょう。

 

そうすると街の中で
お財布を盗まれたとします。

 

 

あなたは不安になって
警察に届出を出しに行きますよね?

 

 

その時、
警察官が

 

 

「盗られたあなたが悪い!」
と言って来たらどうします。

 

「あなたが財布を持って
街に行くからダメなんですよ。」

 

「家にいて、外に出ないでください!」
と言われたらどうしますか?

 

 

ふざけんなよーー!
ですよね?

 

 

痛みの話に戻ります。

 

 

スポーツ障害
ようは繰り返しのストレスで
痛みが膝や腰や肩に出たような症状は
膝や腰や肩が被害者です!

 

加害者は別にいるのです!

 

別ってどこよ?
ってなると思います。

 

 

はい!
ここで僕の出番です!

 

ジュニアアスリートの痛みの専門トレーナー
から少し専門的なお話を。

 

スポーツ障害は
本来

繰り返しのストレス(オーバーユース)

痛み

安静

回復
と言う風に考えられています。

 

しかし
それだけでは良くならないケースがあります。

 

オーバーユースの前に
不良姿勢があるからです!

 

不良姿勢

オーバーユース

痛み

安静

リコンディショニング

回復

 

不良姿勢と
リコンディショニングが入ります。

 

 

リコンディショニングって何?
ですよね?

 

コンディショニングをリする。
整えるということです。

 

整えるのは
痛みが出ている患部(膝や腰や肩)だけではなく
不良姿勢を整えなければなりません。

 

ようするに
加害者を取り除け!
被害者だけの問題ではない!
と言うことです。

 

 

その為には
原因を探し出さなければなりません。

 

警察で言う聞き込み調査みたいなものです。

 

これが
体を知ることによって
怪我のメカニズムを知ることによって
お母さんでも、お父さんでも
見つけ出すことが出来ます。

 

 

それは何故か?

 

 

子どもの場合
痛みの原因が
すごく簡単だからです。

 

 

膝が痛いとここ
腰が痛いとここかここ
のように単純なメカニズムで
痛みが出ていることがほとんどです。

 

大人になると
もう少し複雑ですが。

 

だから
お母さんでも
体の事や
怪我の事を知れば
子どもの痛みの原因が
よーく、よーくわかるようになります。

 

 

そのために
僕はオンラインで
お母さん向けのセミナーを行っています。

 

しかも無料で。

 

 

小中学生アスリートの保護者で
子どものために
体の事、ケガの事を
学んでみませんか?

 

 

詳しい情報は
まずはこちらのアンケートに
お答えいただけますか?

 

無料オンラインセミナーの詳細が欲しい方は
こちらからアンケートにお答えください。

 

 

 

 

-ジュニアアスリート

Copyright© 横浜でパーソナルトレーニング、スポーツ整体ならレエールへ , 2020 All Rights Reserved.